私の趣味である創作活動の楽しさについて

 

私の趣味である創作活動の楽しさについて

私は昔から創作活動を趣味としていました。
最近は、仕事のために創作活動を休止していたのですが、
今日は暇がありましたので久々に創作をしたのですがやはりとても楽しかったです。
私の創作活動というのは、アマチュアとはいえ自己満足には終わりません。
他人に見てもらい、評価をされ、感想を貰い、同じく創作活動をしている
人達の輪に入り、社会的に認められたい、といった目的もあるのです。
創作物は絵や小説です。
小説はあまり本数をこなしていないので、とても拙いために
発表をしたのは数える程でしたが、
絵はそれなりに頑張っていたので、公開をしていたら絵の雑誌の
編集者に認められて雑誌に寄稿をした事もあります。

絵を描くのはそれなりに体力が必要です。
絵のレベルにもよりますが、自分が納得できるレベルの絵を描こうとすると
資料集めやら、ポーズ取りやら、構図決めやら、仕上げやら
色々とこなす事柄があるために一枚を描くだけでもとても大変な作業となるのです。
しかし、頑張って描いた作品は自分でも気に入る事ができ、

作品を生み出したという達成感を感じられ、自分の作品に対して自己陶酔をする事ができるのです。
小説はあまり力を入れていませんし、文字を書くだけなので結構楽です。