独身生活三年目でいきなり料理に目覚めました

 

独身生活三年目でいきなり料理に目覚めました

いきなりですが料理って楽しいですね。
今までコンビニ弁当一筋だった私も、最近料理の楽しさに気付き、レパートリーをどんどんと増やしています。
私が料理に目覚めたのは、たまたまスーパーの値引き品コーナーで見かけた豚肩ロースがきっかけでした。
その時は給料日前で家計がピンチだったのですが、とにかく肉が食べたくて。
そんな時半額品の大きな豚肉を見たために、
自分が料理できるかできないかなどということは関係なく、衝動買いしてしまったのです。
家に帰った私は、とりあえず豚肉を見よう見まねで煮てみる事にしました。
かつて母親がやっていたように、しょうゆを入れて砂糖を入れて、
ついでに先輩にもらった日本酒の残りなんかも入れたりして。
同じく値引きされていた長ネギも小さく切ってまとめて投入し、後はひたすら待つのみという男の料理です。
そうして出来上がった煮豚もどきは、給料日前でいつもおなかをすかせていた私にとって、
この上なく豪華で美味なおかずでした。
その時できたものを買うよりも、自分で何か作ったほうが安くて美味しくて、ボリュームのあるものを
食べれるということを知り
、私は料理というものの偉大さを学んだのです。
きっかけは不順かもしれませんが、今の私はローストビーフもつくれてしまう純然たる料理男子です。